矯正歯科(歯列矯正)

« インフェクションコントロール | TOP | 親知らずの診断と抜歯 »

受け口(反対咬合)治療装置

ukeguchi-01.jpgお子様の「受け口」=反対咬合を治療する装置があります。この装置は、なるべく長い時間はめてもらうことによって治療期間が短縮されて効果も確実に上がります。そのため、お子様ご本人の協力も得られるよう、好きなキャラクターを聞いて、オリジナルに制作したものです。

ukeguchi-02.jpg治療前のお口です。






ukeguchi-03.jpg治療後のお口です。
簡単な装置で「受け口」=反対咬合を完治させることができました。小学生くらいの年齢ならば、早期に治療を行なうことで、お顔の形の発育も正しく矯正する効果があります。

ukeguchi-04.jpgあごがせまい場合の矯正装置。この装着によって、先にあごを大きくします、抜歯をせずに次の歯列矯正をすることができます。