インプラント(人工歯根)

« インプラントによる部分入れ歯の治療 | TOP | インプラントによる部分入れ歯の治療 »

インプラント治療の変化2

 インプラント治療の発達は、その処置方法への変化にも大きく影響しています。
 以前では、顎の骨が痩せた方の手術は難易度が高いと同時に患者さんの術後の腫れなどが問題となっていました。
 しかしながら、現在では、骨のない方のインプラントの手術も、一回の通院で終え、腫れを極力抑える治療法に変わっており、より侵襲の少ない治療になってきております。



術前のCT像



術前のレントゲン像



術後2年のレントゲン像