矯正歯科(歯列矯正)

« 矯正治療の検査について | TOP | 歯のホワイトニング(漂白)1 »

矯正治療の検査について

かみ合わせや歯並びが悪い状態を不正咬合と呼びます。そして、それらは大きく分けて、以下の4つに分類されます。

・上顎前突(出っ歯)
・下顎前突(受け口)
・叢生(乱ぐい歯)
・開口

また、それらが組み合わさり叢生を伴う上顎前突や、上下顎前突などと、さらに分類し、正しく診断します。
その診断のためには以下のような詳しい検査が必要になります。

・模型検査

・顔のレントゲン

・歯のレントゲン等
se2.jpg

これらをもとにコンピュータなどで分析をして、正確に診断することで、治療の期間、難易度、術後の仕上がり状態などを把握し、治療を進めることになります。