予防歯科

« フッ素について | TOP | 歯のひび割れについて »

フッ素について

自然界の水や食物は、もともといくらかのフッ素を多かれ少なかれ含んでいて、お口の健康に寄与しています。
 また、歯磨き粉や含漱剤やジェルなどのケアー製品を使う事で、フッ素に触れる事ができます。事実、約90%の歯磨き粉や多くのうがい薬に、フッ素が含まれています。
 食べ物や飲み物のなかに含まれる体系的なフッ素や歯の表面に見られるフッ素のどちらも同じくらい歯を強くする働きがあります。
 フッ素は、全ての世代の人のためのものです。例えば、発育段階の子供たちや、まだ歯が形成されているときは、フッ素は歯のエナメル質を固くして、虫歯の原因となる酸に対して歯質の強化を行う作用があります。
 大人では、もっと効果があります。フッ素は、初期の虫歯だけでなく、目に見えるようになってきている虫歯でさえも、再石灰化として知られるプロセスで修復する助けとなります。
 そして、歯と歯ぐきの間に沿ってみられる根面齲蝕などの問題がある老人たちにも、フッ素はこれらの状態を軽減させることができます。
 フッ素は虫歯を防ぐ意味で良い方法である事は事実です。しかし、フッ素だけでは、歯科的な問題を防げません。
 それを補うために、1日2回のブラッシングと、バランスの良い食事をとる事、それから、定期的に歯科医師に診てもらう事が大切になってきます。