インプラント(人工歯根)

« インプラント治療の際に行う骨の移植の材料について | TOP | インプラント治療の際に行う骨の移植の材料について »

インプラント治療の際に行う骨の移植の材料について

当院では骨なく、移植手術をしないとインプラント治療はできないと他医院で言われたかたがたの治療を多く手がけています。
当院ではこの骨の移植についても、痛みと腫れが最大限少なく、なおかつ、体に最も安全な方法で治できるよう配慮しています。
骨の移植材には、多くの病院で、牛や豚などの骨や、血液を原材料としたものを使っていますが、当院では、βーtcp製材と呼ばれる、患者さん自身の骨の再生を活性化させて骨をつくるもののみを使用し、狂牛病(BSE)などの危険にさらされることがない安全な治療法を行っております。

k3.jpg
術前レントゲン(上あごは全体に骨がほとんどなく移植が必要な状態)

ki3-.jpg
術後レントゲン(上あごの骨を安全に痛みもほとんどなく移植した状態)