インプラント(人工歯根)

« 前歯の審美治療2 | TOP | 当クリニック独自の無痛のインプラント手術 »

当クリニック独自の無痛のインプラント手術

当クリニックではインプラントの手術を短時間でほぼ無痛に行えるためわずか数回の通院のみで治療を完成することができます。、また、失ってしまった歯の部分や、義歯の部分にはその日に歯がもどります。

全体に半分(成人の歯は通常28〜32本)の歯しか残っていません。
さらに、腐て残っている歯の根を含め8本の抜歯が必要です。

術前の上の歯

術前の下の歯


下の歯にインプラントを入れすぐに仮歯をいれます。

下が終われば、上にもすぐに入れまた、仮歯をいれます。

上下の抜歯とインプラント治療そして、仮歯での歯の回復まで終わりました。

処置が終わった状態で義歯は必要なくなります。

一ヶ月後の状態ですが、この間患者さんは腫れや痛みがほとんどありません。

インプラントの土台をより審美的な白いジルコニアに替えます。

土台を替えたら歯型を取ります。

最新のCAD/CAMコンピューターでその場で歯ができます。

きれいに艶をつけ、同時に強度を作ります。

出来上がった歯を早固めした歯型にあわせます。

セラミックスの歯をいれて治療が完成しました。

治療開始から半年後にはこのように、インプラント18本、天然歯10本のあわせて、28本すべての永久歯が再び萌えそろい現代の最新歯科治により若返りがはかれました。

当クリニックの治療が早く正確な理由は、この治療のすべての工程(セラミックスの歯を技工で作ることを含め)をドクター自身が行うので実現できます。