インプラント(人工歯根)

« 根管治療専門のHPを追加いたしました。 | TOP | 歯を抜けたままにしておいたときの歯の移動 »

インプラント治療に関するFAQ

インプラント治療の期間はどれぐらいですか?

インプラント治療自体の期間は、下顎でインプラントの手術開始から1か月、上顎でインプラントの手術開始から2か月で治療が完了します。

その間の通院回数は3から4回だけです。

 

インプラント治療の費用(値段)はいくらぐらいかかりますか?


インプラントの費用は、

インプラント治療の費用は

検査費用は(CTの検査費に含める)7万円

フィクスチャー(インプラント)の手術が25万円

アバットメント(連結部)の手術が5万万円

クラウン(人工歯)およそ12万

程度で、骨のない方や、弱い方に骨の移植手術をしたりする費用は10万円

 

インプラント治療の進め方はどのようになりますか?


まず、レントゲンや、CTなどの術前検査を受けていただき、その後診断結果と治療計画をご説明し、

一回目の治療(インプラントの手術)、二回目の治療(インプラントの型どり)、三回目の治療(差し歯の装着)という流れになります。

一回目の治療(インプラントの手術)は顎の中に人工の歯根となるインプラントを埋め込みます。

二回目の治療(インプラントの型どり)は一回目の治療で埋めたインプラントに差し歯の土台をつけ、仮歯をつけ、差し歯のかたどりををします。

三回目の治療(差し歯の装着)をして、歯を元通りの天然の歯のように回復します。

 

 

インプランント治療の検査とはどのような検査ですか?



  • お顔とお口の写真

  • お口のレントゲン

  • 精密レントゲン検査

  • 歯と顎の模型分析

  • かみ合わせ検査

  • 歯槽膿漏検査

  • 虫歯リスク検査

  • プラークコントロール検査

  • 咬合力検査

  • CT

  • コンピューター診断検査


などを行います。

インプラント治療の検査のより詳しくは→→こちら

 

インプラント治療の通院回数はどのぐらいですか?


インプラント治療自体の通院回数は、検査、一回目の治療(インプラントの手術)、二回目の治療(インプラントの型どり、三回目の治療(差し歯の装着)の大体4回で終了します。但し、インプラント治療は他のはを含めたお口全体のための治療になりますので、その他の歯の治療にもよります。

 

インプランント治療の方法はどのようになりますか?


一回目の治療(インプラントの手術)、二回目の治療(インプラントの型どり)、三回目の治療(差し歯の装着)という流れになりますが、

一回目の治療(インプラントの手術)は顎の中に人工の歯根となるインプラントを埋め込みます。

二回目の治療(インプラントの型どり)は一回目の治療で埋めたインプラントに差し歯の土台をつけ、仮歯をつけ、差し歯のかたどりををします。

三回目の治療(差し歯の装着)をして、歯を元通りの天然の歯のように回復します。

 

インプラント治療で痛みや腫れはありますか?


当然、手術を伴いますので、腫れや痛みが全くないといったことありませんが、当クリニックのインプラントの治療は、最新の器材と、技術と独自の治療法で、治療していますので、ほとんど、周りの方に気づかれないぐらいに、腫れや痛みがすくなく、また、術後、日常生活に特に影響を及ぼすことがないような手術になりますので、術後、抗生物質(化膿止め)と鎮痛剤(痛みどめ)のお薬を飲んでもらえば心配ありません。