根管治療

« 小児の床矯正について(可撤式急速拡大装置) | TOP | 歯内療法(根管治療)について »

外科的根管治療(歯根端切除術)とは

WS000065 WS000067 WS000073 ■なぜ、歯根端切除術(外科的根管治療、外科的歯内療法)が必要なの? 歯根端切除はいろんな場合の歯を残す事ができます。 →手術は診断にも役立ちます。もしレントゲンでは異常がないのに症状が治まらないというので あれば、歯根が割れてるのかもしれません。あるいは、歯内療法の時に完全に根管が見つけられなかったのかもしれません。こんなときは、手術によって問題を発見し治療します。 →時々根管がふさがっているため、根管がきれいにできなかったり、道具が届かなかったりすることがあります。こういう場合は、手術によって歯の根元の先をきれいにします。 →歯内療法を受けた歯は非常に長持ちするでしょう。しかしながら、治療を受けた歯の中には治 癒しない場合があります。そういったケースでは治療が成功したあと数年たってから痛みが出 たり、おかしくなることがあります。こんなときこそ、歯根端切除で歯を残せるのです。 →手術は感染した根元やその周りの骨に対しておこなわれます。 歯を残すための外科的処置には多くの種類がありますが、ほとんどの場合、歯根尖切除と呼ばれるものが行われます。歯内療法をしたあとでも根尖付近に炎症や感染が続く場合は、この方法が最適な治療であることが臨床において多くみられます。 ■歯根端切除とは何? この処置は根尖付近の骨に穴を開けるために歯ぐきをめくり、炎症や感染した組織を取り除きます。その時、根元の先もわずかに取り除きます。そして、根元の先をふさぐために、そこにつめものをします。1カ月後にはそこに骨ができてきます。 ■この処置は痛いですか。 局所麻酔を用いますので、ほとんど痛みはありません。もちろん術後傷が治るまで少し腫れたり、違和感があるかもしれません。でもこれは他の外科的処置と同じ普通の事です。術後は痛み止めを処方していますのでそれを飲めばほとんど問題ありません。 ■歯根端切除を選ぶ理由は? 日常臨床において、よく歯の保存のための治療が難しい場合すぐに抜歯されることがあります。しかし抜歯した場合、そこは咀嚼機能を回復したり歯のない状態になってしまします。そこで、この、根管治療の再治療が不可能な歯でも、歯を抜かずに残すチャンスとして、この治療法を用いることが有効になることがありからです。   京都 北山吉川歯科クリニックの根管治療については、当クリニックの根管治療HPまたは、治療ブログのカテゴリーから根管治療を参照してください。