矯正歯科(歯列矯正)

« アメリカ人の根管治療(歯内療法) | TOP | 根管治療(歯の根っこの再治療) »

上顎を広げる成長期の矯正治療


顎の成長の中で、上顎の成長は基本的に、10歳までに先に、盛んに成長し、その後、下顎は、思春期に盛んに成長し、ほぼ身長の成長が止まるまで、同じく並行して、成長します。

そのような、成長のタイミングの中で、上顎が下顎に比べて小さかったり、上顎が、永久歯が生えそろうには、小さすぎる場合、様々な、矯正装置で、顎を広げてあげることが、効果的な治療になります。

また、顎を広げるといっても、顎の骨自体を広げる方法と、歯列の骨を広げる方法と、歯と歯の間を広げる方法などに分かれますが、若い時期程(早いタイミグ)程、骨を広げることが容易にでき、また、矯正の治療の安定や、矯正治療の後戻りのリスクの軽減に役立ちます。

 141226(6)

 141226(7)

 141226(9)

 141226(1)

 141226(3)