インプラント(人工歯根)

« インプラント治療の装置と材料 | TOP | インプラントと義歯(入れ歯)の差とは »

インプラント治療の期間と回数

インプラント治療の期間と回数

北山吉川歯科クリニックのインプラント治療は、治療の期間と回数が違います。


  • ほとんど場合、抜歯手術と同時にインプラント手術を行い、仮歯もその日に入ります。

  • ほとんど場合、治療の回数はわずか3回です。

  • ほとんど場合、下顎の場合1か月、上顎の場合2か月で治療が終わります。


インプラント治療自体の期間は、下顎でインプラントの手術開始から1か月、上顎でインプラントの手術開始から2か月で治療が完了します。 その間の通院回数は3から4回だけです.

まず、レントゲンや、CTなどの術前検査を受けていただき、その後診断結果と治療計画をご説明し、 一回目の治療(インプラントの手術)、二回目の治療(インプラントの型どり)、三回目の治療(差し歯の装着)という流れになります。

一回目の治療(インプラントの手術)は顎の中に人工の歯根となるインプラントを埋め込みます。

二回目の治療(インプラントの型どり)は一回目の治療で埋めたインプラントに差し歯の土台をつけ、仮歯をつけ、差し歯の型どりをします。

三回目の治療(差し歯の装着)をして、歯を元通りの天然の歯のように回復します。