インプラント(人工歯根)

« インプラントと義歯(入れ歯)の差とは | TOP | 骨の移植とは »

インプラント治療の長所と欠点

インプラント治療の長所と欠点

110617(6) 110617(7) 

インプラント治療術前

110617(8)

インプラント治療術後

 

インプラン治療の長所(利点 メリット)



  1. 天然の自分の歯のように食べることができます

  2.  審美性が高く、入れ歯のようにがたつかないので、人前で笑ったり、話したりしても気になりません

  3.  残っている天然の自分の歯に負担がかかりません

  4.  歯が抜けた後の、退行萎縮による顎の骨が痩せることを防ぎます。


1.天然の自分の歯のように食べることができます

インプラントは入れ歯と違い、歯がしっかり固定されますので、硬い食べ物もしっかりと噛むことができ、昔のように食事をおいしく食べることができます。また、入れ歯のように、食べ物が入れ歯の下に入り込んで痛い思いをすることもありません。食事の後に、人前から離れて入れ歯をきれいにする必要がありません。
2.審美性が高く、入れ歯のようにがたつかないので、人前で笑ったり、話したりしても気になりません

入れ歯のように、金属のバネが見えたりしません。
3.残っている天然の自分の歯に負担がかかりません

入れ歯の場合は、金属のバネをかける健康な歯に負担がかかり、また、虫歯にもなりやすくなります。また、ブリッジの場合は、健康な隣の歯を削る必要があります。
4.歯が抜けた後の、退行萎縮による顎の骨が痩せることを防ぎます。

歯を失ってしまうと、その部分の骨は痩せていってしまいます。ブリッジの場合でも、かぶせた歯の下の骨は痩せてしまい、次第に食べ物が詰まったり、舌触りが悪くなったりしてしまいます。インプラントは、顎の骨に噛む力の刺激を伝えてくれますので、骨が痩せることを防ぐことにつながります。

 

インプラン治療の短所(欠点 デメリット)



  1. 全身状態や局所状態が良くない場合には適用が難しいこと

  2. 治療の期間がかかる

  3. 治療費が保険適応外であり、治療費が高額であること