根管治療

« 歯の神経の病気(歯髄疾患)の診断 | TOP | 歯の神経の病気(歯髄疾患)の治療後の予後 »

歯の神経の病気(歯髄疾患)の治療

根管治療の流れについて

診断により、治療法としては、大きく分けて、根管治療(根管再治療)、抜歯治療、外科的根管治療(歯根端切除術)が選択されます。ここでは根管治療の方法を説明します。根管治療は、歯の神経(歯髄と呼ばれる)の状態により、治療法が分類されます。

根管治療は、歯の神経(歯髄と呼ばれる)の状態により、治療法が分類されます。

歯髄炎の治療


痛みのコントロール、詰め物、かぶせもの、虫歯の完全な除去、痛みの神経の除去と仮歯の装着


歯髄炎の場合、十分な麻酔により、痛みを取り除き、歯の根の内部をきれいにします。この際に、痛みを取り除くために歯の根を治療しますが、その前に、素早く、確実に歯の内部の虫歯や、感染物を十分取り除いてから、歯の根を治療しないと、歯の根の内部を感染させることになり、適切に治療が行えないため、非常にデリケートで難しい治療です。治療期間の歯の審美・機能的問題が起きないよう、きれいな仮歯を装着します。

保存剤を歯の根に詰めます。


保存剤を丁寧に、歯の根に入れます。

歯の根の修復治療


歯の根を修復します。


修復した歯の根の上にセラミックのかぶせもの装着します。


治療後の歯を天然歯のように、自然で機能的に回復します。

術後の検診(レントゲン)で治癒を確認


術後、定期健診でレントゲンを撮影し、治癒を確認できれば、治療完了です。

感染根管の治療(歯の根の治療の再治療の場合、約4倍の治療行程と難易度が生じる)非外科的根管治療


詰め物、かぶせもの、虫歯、神経の取り残しの除去と仮歯の装着


、感染根管治療の場合は、歯髄炎の治療と同様の治療に入る前に、詰め物、かぶせものを除去し、まず、上部の虫歯の取り残しを完全に除去し、その後、歯の根の中の古い保存と神経の取り残しを除去する準備と、治療期間の歯の審美・機能的問題が起きないよう、きれいな仮歯を装着します。(ここまでが、一番最初の根管治療と違い4倍ほどの治療行程と難易度が生じる)


古い保存剤の除去と神経の取り残しの完全除去と骨の再生治療


歯の根の中の古い保存と神経の取り残しを完全に除去し、歯の根の先の病巣を消失させ、骨の再生を促す治療を行います。(再治療の場合、ここでも、治療の難易度が生じる)


新しい保存剤を歯の根に詰めます。


新しい保存剤を丁寧に入れ、歯の根を補強、修復します。


歯の根の修復治療


歯の根を修復します。


修復した歯の根の上にセラミックのかぶせもの装着します。


治療後の歯を天然歯のように、自然で機能的に回復します。


術後の検診(レントゲン)で治癒を確認


術後、定期健診でレントゲンを撮影し、治癒を確認できれば、治療完了です。


感染根管の治療(外科的根管治療、外科的歯内療法


 

WS000065

 

WS000066

WS000067

WS000068

WS000069

WS000072

WS000073

WS000074

WS000076

 

このほかに、根管治療によるホワイトニングなどの治療、また、乳歯の根管治療などがあります。