根管治療

« 根管治療がなぜ難しいか | TOP | 根管治療の器具 »

歯の神経を抜くメリットデメリット

歯の神経を抜くメリットデメリットに関しましては、

歯の神経を抜くメリットととは、歯の神経を抜くというよりも、歯の神経が死んでしまったものを放置していると、その歯だけでなく、その歯の周りの組織もダメージ受けたり、感染の影響を受けたりして、抜歯手術や、摘出手術を受けたりしなければならなくなります、また、不可逆性の歯髄炎に陥った場合、根管治療を受けなければ、とても我慢できない痛みのために、日常生活に大いに影響を及ばすので、痛みを治すことができるメリットがあります。

歯の神経を抜くデメリットとは、歯の神経が生きていた場合、虫歯や、歯槽膿漏などでその歯の病気によるリスクサインを、その歯が悪くなっている時に、その歯自身や、患者様自身が感じ取ることができ、歯を守る機能が働くことと、歯の神経が生きていることにより、深い虫歯であっても、歯の内部から、第二象牙質が再生される、生きた歯として機能し続けられるメリットがあります。

どちらも、様々な状態により、最適な方法を選択することがメリットのある治療の受け方になります。