根管治療

« 根管治療の器具 | TOP | 根管治療を受ける際に »

根管治療を受ける前に

根管治療は自覚症状のある場合と、ない場合の両方の場合で治療が行われます。

自覚症状のある場合でも、急性症状と慢性症状によって、痛みや腫れの我慢できる場合に違いがありますので、緊急処置の場合、なるべく、その症状をその当日に的確に取り除けるように処置いたします。

自覚症状のない場合は、充分な検査を行った後に、歯を残す(再生、回復させる)ために処置を進めますので、その日は、歯や歯の周囲組織が再生し始めるための不快感(軽い痛みや浮いた感じ)が発生することがありますが、この場合の多くは治療がうまくいっている(お薬などがきちんと奏功する)目安のような反応ですので、数日で消失し、引き続きの根管治療が残り1、2回で完了できるサインとし、現れた症状は心配ありません。