矯正歯科(歯列矯正)

« 不正咬合の原因 | TOP | 矯正治療の検査 »

矯正歯科治療の目的

矯正治療の目的とは口元をはじめとするお顔のバランスをとり、きれいな歯並びや、かみ合わせを作ることにより、お口の健康を作り上げ、保ち、虫歯や歯槽膿漏を予防するとともに、よく噛める咀嚼機能の改善をすることです。

矯正治療の目的を具体的にわかりやすく言えば、


  • 虫歯の予防

  • 歯槽膿漏(歯周病)の予防と改善

  • 歯の外傷の予防と改善

  • 咀嚼機能の障害の予防と改善

  • 筋機能異常の予防と改善

  • 顎の成長障害の予防と改善

  • 発音障害の予防と改善

  • 心理的影響の改善


などです。

矯正歯科治療の目的の詳細


虫歯の予防

歯並びがきれいになることで、歯が磨き易くなり、虫歯の予防ができる。

また、矯正期間中に、お口のお手入れの習慣が身に付き、虫歯が予防できるようになる。

歯槽膿漏(歯周病)の予防と改善

歯並びがきれいになることで、歯が磨き易くなり、歯槽膿漏(歯周病)の予防、改善ができる。

また、矯正期間中に、お口のお手入れの習慣が身に付き、歯槽膿漏(歯周病)が予防、改善できるようになる。

かみ合わせが整うことにより、かみ合わせからの歯槽膿漏(歯周病)を予防できる。

歯の外傷の予防と改善

かみ合わせが整うことにより、かみ合わせからの歯の外傷を予防と改善できる。
咀嚼機能の障害の予防と改善

歯並び、かみ合わせが整うことにより咀嚼機能が向上、改善できる、
筋機能異常の予防と改善

歯並び、かみ合わせが整うことにより筋機能異常の予防と改善ができる
顎の成長障害の予防と改善

歯並び、かみ合わせが整うことにより顎の成長障害の予防と改善ができる
発音障害の予防と改善

歯並び、かみ合わせが整うことにより発音障害の予防と改善ができる
心理的影響の改善

歯並び、かみ合わせが整うことにより口元や、顔貌が美しくなり、心理的に明るく積極的な良い影響がでる。