審美歯科

矯正歯科(歯列矯正)

« 難しいインプラントとは | TOP | インプラント治療の際のCT »

歯並びが悪くても口元のバランスを崩さないようにする歯列矯正

歯並びが悪くても、口元のバランスが悪くない場合(口元がはじめからきれいな場合)は歯並びのみを治して、口元は変えないように治療の際に配慮することが大切です。

術前は、歯並びは、前歯がデコボコの乱ぐい歯で、前歯がかみ合わない開口の状態も見られましたが、口元は、バランスが取れていて、きれいでした。
そのために、歯並びはきれいにして、前歯のデコボコはひっこめても、口元はひっこめないように配慮しなければなりません。

131111(21)

131111(19)

131111(20)

131111(29)

131111(27)

131111(28)

131111(26)

131111(35)

131111(40)

131111(18)

131111(50)

131111(51)

歯並びは変えましたが、術後の口元は、術前と変化しないように治療しました。