インプラント(人工歯根)

« 歯並びが悪くても口元のバランスを崩さないようにする歯列矯正 | TOP | 先天的歯牙欠損に対するインプラント治療(前歯のインプラント) »

インプラント治療の際のCT

スクリーンショット 2015-02-04 18.22.23

インプラント治療を診断、計画、メンテナンスする場合、CT検査は、非常に大切な検査にになります。

特に、インプラント治療の前に、顎の骨の状態を調べ、レントゲン検査と合わせて、どのように治療を進めることが良いインプラント治療になるかを診断、計画することが非常に重要です。

また、CT検査は単に、CTを撮影するのではなく、CTのデータをコンピューターのソフトで様々に分析し、また、インプラント治療シュミレーションソフトにより、インプラント治療(インプラント手術)のバーチャルシュミレーションを行うことができます。

そのほか、顎の骨の長さや幅、骨の密度の評価、下顎の場合、インプラント手術で特に注意の必要な、下歯槽管(下歯槽神経、下歯槽動脈)の位置や状態、上顎の場合、上顎洞(副鼻腔)や鼻腔また、その内部の粘膜の状態、切歯管などの位置や状態などをより正確に捉えることができ、より安全で安心のできるインプラント手術を受けられます。

院内のCTによるCT撮影を行います。

WS000036

 

CTの元データイメージ

 

スクリーンショット 2015-02-04 18.25.23

 

矢状断(横からの断面、左右的な断面)

スクリーンショット 2015-02-04 18.26.26

 

前頭断(前からの断面、前後的な断面)

スクリーンショット 2015-02-04 18.26.09

冠状断(上からの断面、上下的な断面)

 

スクリーンショット 2015-02-04 18.22.23

ボリュームレンダリングによる3Dイメージ処理

 

上記のようなデータをさらに、院内の特殊なインプラント治療シュミレーションソフト(コンピューターガイド)により、精密分析処理します。

140325(10)ー

3Dイメージ(顎骨)でのインプラント治療シュミレーション

94ed160662be198949535a112047e9b4

 

3Dイメージ(皮膚、軟組織)でのインプラント治療シュミレーション

スクリーンショット 2015-02-03 17.59.31

インプラント治療のコンピューターソフト

スクリーンショット 2015-02-03 17.56.25

コンピューターソフトによる、様々なデータの解析、分析項目

スクリーンショット 2015-02-03 17.57.12

インプラント埋入部位の骨の評価(骨の硬さ、骨密度)

f4a1b0aed5dc02442c433030ff24c0311-300x236

インプラント埋入部位の骨の評価(骨の硬さ、骨密度、骨の長さ、骨の幅)、神経、血管の位置と関係

 

北山吉川歯科クリニックでは、インプラントの手術は、ほんのわずかな時間で終わりますが、そこには、単に、数多くの手術実績や経験によるものではなく、手術前のこのような、十分に時間をかけ、細かく分析、計画された作業によるもので、このような最新のコンピューター技術を応用し、歯ぐきを切開して、骨の状態を直接確認しなくても、骨の状態や、神経、血管の状態を把握し、手術時間の短縮や、手術負担の軽減をしているからです。

また、最終的に入れる歯の方向や状態もシュミレーションすることで、術後の最終の仕上がりまで、慎重で、安全に計画的な治療を行うことにつなげます。

 

京都 北山吉川歯科クリニックのインプラントについては、当クリニックのインプラントHP、または治療ブログのカテゴリーからインプラントを参照してください。