インプラント(人工歯根)

« ねじ穴の見えたインプラントのやりかえ | TOP | インプラント治療の際の骨密度の評価 »

グラグラのブリッジの抜歯と同時のインプラントと仮歯

100109(131)

 

ブリッジを支える歯の根が割れ、ブリッジがグラグラするとともに、噛むと痛みが出て、食事ができない状態でした。

100109(132)

 

ブリッジを外します。

100109(133)

 

割れた根の抜歯と5本のインプラントの治療を行いました。(抜歯した部分にもインプラントを入れています。)

100109(130)

 

割れていた歯根(歯の根)とブリッジ

100109(134)

 

すぐに仮歯をいれて、元通りの歯のある状態で帰宅してもらいます。

治療時間は、インプラントの手術を仮歯の装着まで、およそ1時間で終わります。

北山吉川歯科クリニックでは、抜歯をしても、その日にインプラントができるので、基本的にこのような治療方法を行っており(通常このような治療は極端に難しい治療で、高度の技術と経験が必要なため行なわれていない治療法です。)痛みのある手術を2回する必要がなく、また、歯が抜けたままにならないため、周りの方に気づかれず、日常生活への影響も少ない治療方法です。

京都 北山吉川歯科クリニックのインプラントについては、当クリニックのインプラントHP、または治療ブログのカテゴリーからインプラントを参照してください。